Blog&column
ブログ・コラム

ビニールとは?特徴やメリット・デメリット、おすすめできる人について解説します

query_builder 2023/09/13
コラム
島袋たたみ店

といえばイ草の香りをイメージする方が多いと思いますが、自然素材を材料にしているため、快適に使っていくためにはそれなりのメンテナンスが必要です。そこで、お手入れが楽なビニールを選択して使っている方も増えつつあります。今回はそんなビニールについて、特徴やメリット・デメリット、ビニールがオススメな方をご紹介しましょう。

▼ビニールとは
ビニールとは、の表面部分となる表に優れた耐久性をもつポリプロピレンという樹脂材料を使っているになります。 見た目はイ草と似ていますが、樹脂でできていることから水にも強く、お手入れが簡単にできるという特徴がある画期的なです。

▼ビニールにはメリットとデメリットがある
ビニールには、次のようなメリットとデメリットがあります。購入や新調の検討をする際は、いい面だけでなくデメリットについても把握しておきましょう。

【ビニールのメリット・デメリット】
メリット    デメリット
    お手入れが簡単
    安全性が高い
    耐久性に優れている
    ダニ・カビを寄せ付けにくい
    豊富なカラーから選べる        一般的なよりも高価
    調湿効果は望めない
    イ草の香りがしない

それではひとつずつ詳しく解説していきます。

■ビニールはメリットが多い!
まずはメリットからご紹介していきましょう。

メリット①お手入れが簡単
ビニールは耐水性があるため、水拭きが可能です。一般的なイ草の場合は湿気を吸い込みやすいため、水拭きは避けるべき掃除方法なのですが、その点ビニールの場合には食べ物やペットのおしっこなども気兼ねなく水拭きで掃除することができます。

メリット②安全性が高い
クッション性が高いのも、ビニールのもつメリットのひとつです。クッション性が低い場合は硬く感じますので、万が一転んだ際にはケガをしやすいといえるでしょう。さらに滑りにくいという特徴もあるため、小さなお子様や高齢者の方も安心して使うことができます。

メリット③耐久性に優れている
ビニール表は樹脂製ですので、イ草の経年劣化でよく見られるような毛羽立ちやささくれなどの発生は少ないです。優れた撥水性によりシミもできにくく、変色についてもほとんどないといっていいでしょう。このように、イ草に比べて耐久性が高いため、より長持ちします。

メリット④ダニ・カビを寄せ付けにくい
自然素材を使ったイ草は、温度や湿度、そして水拭きがしにくいという理由から、ダニやカビが発生しやすいというデメリットがあります。その点ビニールの場合は、掃除がしやすく撥水性もあり、湿気も溜まりにくいため、ダニやカビの発生につながりにくい状態を維持できます。

メリット⑤豊富なカラーから選べる
イ草の爽やかなグリーンも素敵ですが、ビニールであれば豊富なカラーバリエーションから選ぶことが可能です。歯ブラシの材料に使われるポリプロピレン樹脂のため、ビニールも同様にさまざまな色に染色できるのです。おしゃれな和室にしたいという方は、ビニールを検討してみてはいかがでしょうか。

■ビニールの3つのデメリットとは
メリットの多いビニールですが、少ないながらも次のようなデメリットがあります。

デメリット①一般的なよりも高価
ビニールは掃除がしやすい、カラーバリエーションが豊富といったメリットがあるため、価格もその分高めになります。ビニールの価格は、一般的なイ草のおおよそ2倍~になると考えておきましょう。 和室全体に敷き詰める場合には、機能性の高さと予算の兼ね合いをよく考える必要があります。

デメリット②調湿効果は望めない
イ草はイ草のもつスポンジ状の構造により、優れた調湿性があります。イ草の高い調湿効果が発揮されるのは、特に湿度の高くなる梅雨の時期です。一方のビニールは、撥水性があるなどイ草とは正反対の特徴をもっています。残念ながら調湿効果についても望めません。

デメリット③イ草の香りがしない
ビニールにはイ草が使われていませんので、イ草の爽やかな香りも当然しません。特有のイ草の香りを求めて「和室を作りたい」「リビングの一角に置きをしたい」という方も多いです。お手入れのしやすさや滑りにくさを優先する場合は、イ草の香りを諦めなければならないでしょう。

▼ビニールがオススメな人
ご紹介したメリットから、ビニールは次のような方にオススメです。

    高齢者の方
    ご家族に小さなお子様がいる
    室内でペットを飼っている
    アレルギーをもっている
    気軽に水拭きできるが欲しい
    変色やシミになりにくいが欲しい

ハウスダストなどのアレルギーをもっている方も多いですが、ビニールであればアレルゲンとなり得るイ草がほつれることもなく、ダニやカビも呼び寄せにくいため、オススメです。最近ではアトピーの症状がある方がビニールを選ばれるケースも増えてきています。

ただし、ビニールもダニやカビの発生を100%抑えられるわけではありませんので、定期的な掃除や換気はおこなうようにしてください。

▼まとめ
ビニールは、表がポリプロピレン樹脂製のため、水に強く掃除がしやすい、弾力性があり滑りにくいので安全、変色がしにくく耐久性が高い、ダニやカビを寄せ付けにくいというメリットがありながら、カラーバリエーションも豊富です。一般的なランクのイ草と比較すると、価格は高めで調湿効果やイ草の香りはありませんが、これらのデメリットを凌駕するメリットの多さをもっているといえるでしょう。

島袋たたみ店では、水洗いのできるビニールも取り扱っております。介護の現場やペットの暮らしで大活躍するビニールを検討している方は、ぜひご相談ください。
 

NEW

  • 網戸の種類、素材、機能を解説します

    query_builder 2024/04/09
  • 網戸をDIYで修理する方法やプロに依頼する際の費用相場を解説します

    query_builder 2024/02/09
  • 網戸の選び方や使い方で虫除けができる!オススメの対策を解説します

    query_builder 2023/12/09
  • 網戸をDIYで張り替える方法を解説します

    query_builder 2023/10/09
  • 和室をおしゃれにリフォームしたいのなら、琉球畳がオススメ!張り替えのメリットとデメリットを解説します

    query_builder 2023/09/06

CATEGORY

ARCHIVE